上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
下魚とされていた江戸時代。
「目黒のサンマ」を食べたのは?


 サンマの季節がやってきた。北海道の東方沖で豊富な餌をたっぷり食べ、脂の乗ったサンマが日本列島に沿って南下し、九月には三陸沖、十月には房総半島沖へ到る。

 今では秋の味覚の代表となったサンマだが、日本人が食べるようになったのは意外に新しい。江戸時代のはじめ頃、延宝年間前後(1670年代)に、紀州・熊野の漁師が八手網を用いて漁獲したのが始まりといわれる。

 南下を続けたサンマは房州から相模沖、さらに11月頃には紀州・熊野沖に達し、その前後に産卵するが、この頃には脂が抜けて味が落ちる。文献上の初出である『本朝食鑑』(元禄5年、1692)に、「味最も劣る」とあるのはそのためであろう。
 
 サンマ漁は、巻網の一種である「サイラ網」が発明されて普及し、元禄年間(1688~1703)までには房総地方に伝わった。ここで獲れるサンマは脂がのって美味で、サンマの産地は紀州から房州に移った。

 サンマといえば落語の「目黒のサンマ」が良く知られている。このなかで、サンマを食べたがる殿様を「これは下々が食すもので、殿が召しあがるようなものではござらぬ」と言って家来が止める場面がある。実際、サンマはもともと下賎な魚とされており、『和漢三才図会』(正徳3年、1713)にも「魚中の下品(げぼん)なり」とある。

 寛政年間(1790代)に記された『梅翁随筆』には、サンマが広く食されるに至った以下のような興味深い記述がある。

「あま塩のさんまといふ魚、明和(1762~72)頃迄は喰ふもの多からず、しかるに安永改元(1772)頃、『安くて長きはさんまなり』と壁書せしが、その頃より大いに流行(はやり)出して、下々の者、好みて食らう事と成りたり。寛政(1787~1800)に至りて、中人(中位の身分の者)以上にも好人あるごとく成りたり、この頃まだ下賤の食物として、御旗本の家にて食わぬ人多し。これも後々は屋敷に向へも出べし」つまり、まず庶民が食べるようになり、後には武士に至るまで広まったというのである。

 サンマが下魚とされた理由は、見栄っ張りな江戸っ子気質として、五月のカツオのような、さっぱりとした味と姿の美しさを尊び、脂が滴り黒く焼けたサンマの姿は下品に思えたのであろう。しかし一方で、サンマの美味さを良く知っていたことは「目黒のサンマ」の話からも伺える。

 なお、「目黒のサンマ」のモデルとなった殿様は、三代将軍・徳川家光公であるとの伝承がある。しかし、家光が将軍職にあったのは寛永年間前後(1623~51)で、当時はまだサンマ漁は始まっていなかった。実話だとしても、『梅翁随筆』の記述から考えて安政年間以降のことと思われる。

 ところで、サンマの名は細く真っすぐな魚を意味する「狭真魚(さまな)」が転じたとされ、江戸時代には明治かけては「三(さん)馬(ま)」の字が使われた。「秋刀魚」の表記は、文字通り秋に獲れる刀に似た魚から付けられたもので、明治の末から使われるようになった。
 
『梅園魚品図正』 天保六年(1835)より。

「神社新報」に掲載

スポンサーサイト
18世紀に始まった産業革命は、石炭や石油という化石燃料の開発し、人類に豊かで便利な生活をもたらした、一方で深刻な環境汚染を引き起こしました。そして今、環境汚染は先進国から途上国へ広がっています。

産業革命と「公害」の発生

 これまで見てきたように文明の歴史は、森林破壊の歴史でした。人間も動物である以上、その食料や住居・衣服・燃料などを植物の生産性に依存せざるを得なかったのです。そのため、栄華を誇った文明も森林の消滅とともに衰退していきました。古代メソポタミア文明・ギリシャ・ローマ文明、そしてヨーロッパ文明も例外ではありませんでした。

 しかし、18世紀の産業革命によって、人間は新たな道を見出しました。それは、石炭や石油という化石燃料を消費することによって、森林の生産性に依存することなく科学技術文明を進化させる道でした。蒸気機関から自動車、そして原子力と、人間は次々に新たな科学技術を手に入れ、より便利で快適な生活を手に入れました。

 一方で、産業革命は深刻な環境汚染を引き起こしました。すでに18世紀の終わり頃からロンドンなどイギリスの工業都市では、工場が吐き出す煤煙による大気汚染と工業排水による水質汚染が深刻化し、重大な健康被害が生じていました。その後、こうした工業化は19世紀から20世紀にかけて、まずヨーロッパに、次いでアメリカや日本に広まり、イギリスと同じような状況が繰り返されました。

 日本における環境汚染は19世紀の終わりに発生した「足尾鉱毒事件」をはじめとし、1960~80年代にはいわゆる「公害」として、大きな社会問題となりました。「水俣病」「イタイイタイ病」「四日市ぜんそく」などの公害病が発生し、重大な健康被害をもたらしたのです。

 その後、こうしたことへの反省から厳しい環境基準が設けられ、全体としては大きく改善に向かっています。世界的に見ても先進国では20世紀中に大きく改善されましたが、途上国の多くではいまだに深刻な環境汚染が続いています。

途上国の広がる環境汚染

 現在、歴史上例を見ないきわめて深刻な環境汚染が中国で進行しています。たとえば、昨年11月には東北部の吉林省で石油化学工場が爆発してベンゼンなどの有害化学物質が大量に流出し、重大な環境汚染をひきおこしました。またその際、工場の責任者や地元政府担当者が情報を隠蔽したことがさらに事態の深刻化を招きました。

 中国では、この事件は氷山の一角にすぎず、表面化していない環境汚染事故は無数にあると見られています。中国政府の調査でも、中国全土の工業排水の3分の1、生活汚水の9割以上が未処理で直接河川に流され、観測所のある全国1200河川のうち、「汚染河川」数は850に上ります。それによって有機物などで汚染された飲用水を、1億6000万人もの人が利用しているという驚くべき実態が明らかになっています。

 汚染は農村部にまで広がり、不法に投棄された工場廃水や鉱山排水よって河川や地下水が汚染されている例は無数にあるといわれます。汚染拡大の根本的な原因は、人口膨張と経済最優先の政策にあり、さらに地元政府の環境意識の低さ、人権意識の欠如、企業との癒着が指摘されています。

 汚染は、川から海にも広がっています。沿岸部では観測地点の約50%が環境基準に達しておらず、約35%が深刻な汚染と判定されました。近年日本海で大量に発生し深刻な漁業被害をもたらしたエチゼンクラゲの大発生も、中国沿岸部の富栄養化が原因とされています。

 環境汚染が原因の住民暴動も各地で発生しています。浙江省紹興市では昨年7月、製薬工場の廃棄物による農産物汚染に対し1万5000人の農民が工場を取り囲んで操業停止に追い込みました。しかし、このような例はまれで、その多くは表面化せず、被害者は泣き寝入りせざるを得ない状況といわれています。

 大気汚染も深刻です。中国政府の非公式推計では2003年には40万人(!)が大気汚染が原因とされる肺、心臓疾患で死亡。都市人口の3分の1が「健康に影響する」汚染にさらされ、そのうち1億1600万人が「非常に危険」な汚染の中で生活しているとされているのです。

 このような深刻な環境汚染は中国だけではなく、世界の開発途上国に広まっています。このような事態に対し、過去に深刻な環境汚染を経験しその多くを解決してきた日本をはじめとする先進国の援助は十分ではありません。

 また、現地政府の無策や企業との癒着、法整備の遅れなどもあり事態は深刻化しています。日本人にとっては、「公害」は過去のものとなった感もあります。しかし、開発途上国では今まさに深刻化しつつあるのです。

「理想世界」に掲載

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。