上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 地球温暖化は、もはや遠い未来のことではありません。今まさに地球は暑くなりつつあります。特に、2007年北極で生じた異変は、地球の気候が急速に変化し始めた兆候かもしれないのです。

北極が溶けている

 2007年9月、北極海の氷が観測史上最小になりました。これは専門家の予測をはるかに超え、温暖化によって地球環境に劇的な変化が起こりつつあることを予感させるものです。

 北極には南極と異なり大陸が無く、海面には海水が凍結した平均の厚さが2メートル程度の海氷が浮いています。その面積は、気温や水温の変化によって、冬には拡大し夏には縮小します。1980年代までは夏でも700万平方キロメートル程度あり、北極海のほとんどが氷で覆われていたのです。

 しかし、その後10年ごとに約50万平方キロメートルずつ縮小し、2005年には過去最小の531万平方キロメートルになりました。このままでは2050年頃の夏にはほとんど氷がなくなるのではないかと予測されていたのです。

 ところが2007年は、8月半ばに2005年の記録を更新して縮小を続け、9月24日には426万平方キロメートルとなり、一気に105万平方キロメートル(日本列島3倍分)も記録を更新しました。これは、これまでの専門家の予測をはるかに超えた「異変」です。

 海氷が急激に減った原因は、「氷の減少によって流動性が高まり、ベーリング海峡から太平洋の暖かい海水が大量に流れ込むようになった」「ユーラシア大陸から吹く風によって、氷が大西洋に押し出された」などが指摘されています。いずれにしても、根本的な原因が地球温暖化であることは専門家の一致した見解です。

加速する温暖化

 北極の氷は海に浮いているため、溶けても海面上昇は起こりません。しかし、白い氷は太陽からの放射熱のほとんどを反射しますが、氷が無くなった海面はその半分以上を吸収するため水温が上がります。それによってますます氷が溶けるという悪循環が生じるのです。このままでは、2050年頃ではなく、2013年(わずか5年後)の夏には、北極の氷はほとんど消滅するのではないかという予測もあります。

 北極圏の気温上昇は、さらなる異変を引き起こしつつあります。地球の陸地の14%、約2000万平方キロメートル(日本の54倍)もある永久凍土(常に凍結している土壌)が溶けはじめているのです。すでに、シベリアの西部では100万平方メートルの永久凍土が溶け、浅い湖や沼地に変わりつつあります。

 永久凍土には植物が分解されてできた大量のメタンガスが蓄積されており、これが凍土の溶解によって放出されています。メタンガスは二酸化炭素の20倍の温室効果を持ち、温暖化を加速しています。2100年には北極圏の永久凍土の面積が10分の1程度に減少するという予測もあります。

限界に達した地球

 地球温暖化が進行する中、エネルギー消費はますます拡大しています。地球の人口は今年中に67億人に達し、資源とエネルギーの争奪戦が激化しています。北極海でも、氷が減って容易になった海底油田開発の利権をめぐって、アメリカ・カナダ・ロシア三国が争奪戦を始めています。

 2008年になって、原油価格は1バレルあたり100ドルを突破し、その他の鉱物資源や食糧も高騰しています。石油生産は昨年か今年がピークで、今後は減少するのではないかという予測もあります。地球は環境も資源もすでに限界に達しているのです。

 このままでは、今後わずか数十年の間に世界の気候は大きく変わり、海面上昇や乾燥化、風水害の増大など、深刻な事態が起こる可能性が高いのです。昨年の北極の氷の減少は、「われわれは、もはや取り返しがつかない状況を招いてしまったのではないか?」とさえ思わせるものです。今年の夏に北極の氷はどれくらい減少するのか、これが近未来の地球を占うことになるかもしれません。

 しかし、あきらめるわけにはいきません。温暖化はなんとしても防がなくてはならないのです。今のところ、EU諸国が提案している「2050年までに世界全体で温室効果ガスの排出を50%削減(1990年比)する」という目標が、温暖化を防ぐ最後の砦なのかもしれません。すでに排出量が40%近く増えている中、これは非常に高ハードルです。そして、それが達成されたとしても、2℃程度の気温上昇は免れないといわれています。

 今世界の多くの人々が危機感を感じはじめています。「地球温暖化など本当に起こるのだろうか?」「起こるとしても遠い未来の話だろう」と思っていた人も、今その脅威を感じています。この危機感をバネにして世界が真剣に温暖化に取り組めば地球を救うことができるかもしれません。(本連載はこれで終了します。ご愛読ありがとうございました。)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。