上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
進まない温暖化ガスの削減

 現在人類が直面しているさまざまな環境問題のなかで、最も重要かつ緊急の課題は二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスによる地球温暖化です。2100年には地球の平均気温が4度程度(最大5.8度)上昇、その結果、海面は50cm程度(最大88cm)上昇し、悪夢のような未来をもたらすと予測されるのです。そうなると、

 1.低い土地は水没し、数千万人が住居を失う。
 2.土地の乾燥化が進んで食糧生産が低下し、数億人が食糧難におちいる。
 3.降水量が減り、世界各地で水不足が起きる。
 4.かつてない巨大台風が多発し、甚大な被害をもたらす。
 5.マラリアやデング熱などの熱帯性の感染症が温帯にも広がる。
 6.多くの生物種が気候変動に対応できずに絶滅する。
 7.以上の結果、数千万~数億人の環境難民が発生し、世界各地で深刻な政情不安が生じる。

 ……では、どうすればいいのでしょうか?

 地球温暖化を防止するため、1997年に同意された京都議定書では、CO2などの温室効果ガスを2008~12年に、先進国全体で1990年比で平均5.2%削減することを義務付けています。

 しかし、その後のアメリカ離脱や途上国の排出増加により、京都議定書による削減対象は世界全体の排出量の約3割に過ぎません。今後は、世界の4分の1を排出するアメリカはもちろん、中国やインドなどの途上国が参加しなければ、有効な対策にはならないのです。

 人類に深刻な影響を与えない範囲で地球温暖化を抑えるためには、地球の平均気温の上昇幅を2度以内に抑えるべきだといわれています。そのためには2050年の全世界の排出量を、約半分に減らす必要があるとされています。

 しかし、今のところ、途上国は自らの削減義務につながりかねない議論を一貫して拒否し、先進国からの資金援助や省エネ技術支援のさらなる充実を訴えています。先進国と途上国が対立する中、世界が協力すべき温暖化対策は一向に進んでいないのです。

ドイツの80%削減計画

 そんななか、環境先進国と呼ばれるドイツは、2050年までに80%減(1990年比)という飛びぬけて高い目標をかかげ、国を挙げて温室効果ガスの削減に取り組んでいます。

 その実現の手段の中心は、風力・バイオマス・太陽光・地熱など再生可能エネルギーの普及で、エネルギー供給に占める割合を現状の20%未満から、2050年までに50%まで高めることを目標にしています。

 このほかに徹底した省エネやエネルギー効率の向上など、さまざまな手段が織り込まれています。このような取り組みはすでに1990年頃から始まっており、現在までに温室効果ガスの20%削減を達成しているのです。

 ドイツに先駆けて2030年までに50%削減という目標を掲げているのがデンマークです。デンマークは特に風力発電の導入を図り、既に約5400機の風力発電が建設されており、電力の20%近くをまかなっています。最近は、沿岸の海上に大規模な風力発電の開発も進んでいます。

 このほかに、フランスは75%、イギリスは60%、オランダは80%削減(いずれも2050年までに)という目標を掲げています。

日本も70%削減可能

 では、日本はどうでしょうか。今のところ京都議定書の目標である6%削減どころか逆に7%程度増えているのが現状で、温暖化対策は進んでいません。しかし、昨年、国立環境研究所は、2050年までに日本のCO2排出量を70%削減できるとの推計結果をまとめました。

 それによると、エネルギー利用を効率化し、燃料電池や風力発電、バイオマス(植物)燃料といった新エネルギーを増やすことによって大幅なCO2削減が可能であるとしています。

 具体的には、住宅やビルなど建物の半数の屋根に太陽電池パネルを設置し、風力発電を最大限に設けることによって、現在の総発電量の約半分に相当する1億2千万kwを自然エネルギーによって発電します。

 さらにバイオマス燃料で水素を製造して自動車や住宅の燃料電池に供給したり、都市構造や交通の効率化などによってエネルギー消費を30%以上減らすことが可能だとしています。なお、原子力発電所は新増設せずに、老朽化に伴って順次廃止し、22基(現在は52基)に減少させます。

 このように、さまざまな工夫と努力によって温室効果ガスを大幅に削減することが可能であることがようやくわかってきたのです。もちろん、先進国と途上国の資源の分配の不公平や、原子力発電をどうするかなど、検討すべき課題は山積みされています。しかし、地球環境を守るための方策もわずかながら見えてきているのです。(平成18年10月17日記す)

スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。